治療費

お支払方法

矯正治療費は金利、手数料なしの分割払いも可能です。
口座引き落としのため、振り込み手数料もかからず、現金も不要です。

医療費控除

自己や自己と生計を一にする配偶者やその他親族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といい ます。

医療費控除を受ける場合の注意事項

1. 治療中に年が変わるときは、それぞれの年に支払った医療費の額が、各年分の医療費控除の対象となります。
2. 健康保険組合などから補てんされる金額がある場合には、その補てんの対象とされる医療費から差し引く必要があります。

歯の治療に伴う一般的な費用が医療費控除の対象となるかの判断 や、歯の治療費を歯科ローンやクレジットにより支払う場合 など、詳しくは、「国税庁タックスアンサー」をご覧ください。

歯列矯正と医療費控除

歯列矯正を受ける人の年齢や矯正の目的などからみて、社会通念上その矯正が必要と認められる場合の費用は、医療費控除の対象になります。 同じ歯列矯正でも、容ぼうを美化したりするためにしたものは、医療費控除の対象になりません。

※治療のために交通機関を利用したときの通院費も医療費控除の対象になります。
お子さんが小さいため保護者が付添わなければ通院できないようなときは、保護者の交通費も通院費に含まれます。通院した日をカレンダーや手帳にメモして確認できるようにしておきましょう。
※歯ブラシやフッ素代などは対象になりません。

医療費控除の概要

納税者が、自分自身や家族、生計をともにする親族のために医療費を支払った場合には、医療費控除を受けることができます。 医療費控除は、所得金額から一定の金額を差し引くもので、控除を受けた金額に応じた所得税が軽減されます。

医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高で200万)です。

(1/1~12/31の間に実際に支払った医療費の合計額) - (生命保険や健康保険などで支給された金額) - (10万円*)

* その年の所得金額の合計額が200万円未満の人はその5%の金額

申請時期

確定申告の時期は翌年の2/16~3/15ですが、医療費還付申告の場合はこの期間外でも受け付けてくれます
(さかのぼって5年前のものまで申告できます)。

申請先

住んでいる地域の税務
※詳しくは各管轄税務署にお問い合わせ下さい。