小児矯正とは

小児矯正とは

小児矯正とは、歯の生え変わりの時期に行う矯正治療のことです。歯列矯正は大人になってからでも可能ですが、小児の時期から矯正を行うことによってより理想的な治療を行うことが出来る場合があります。

大人は顎の成長が終了しているので、その条件の中で歯を動かす矯正治療になりますが、小児はまだ成長段階にあるので、ある程度顎の成長をコントロールしながら矯正治療を行うことが出来ます。

小児矯正(子供の矯正)を始める時期

子供の矯正は、顎の骨が成長する6歳~14歳までの間に行うと有効です(個人差があります)。

この時期に矯正を行うことによって上下の顎の大きさのバランス、歯と顎の大きさのバランスをコントロールする事が可能です(症状により異なります)。

小児矯正のメリット

  • 顎の成長をコントロール出来るため、より良い治療結果につながる。
  • 歯を抜かずに治療出来る可能性が高くなる。
  • 永久歯に生え変わってから再度仕上げの矯正治療が必要となった場合でも、矯正の治療期間が短くなり、より良い治療結果につながりやすい。

小児矯正のデメリット

  • 永久歯への生え代わりや顎の成長が終わる15歳前後まで経過を観察する必要があるため、矯正期間が長くなることが多い。

以下の様な症状の場合は、小児矯正を受けた方が良いでしょう。

  • 受け口
  • 極度の上顎前突 (出っ歯)
  • 開咬 (奥歯でしっかり噛んでも前歯が開いている状態)
  • 歯の生えてきた位置が悪い
  • 顎が左右どちらかにずれている場合
  • 歯の数が少ない
  • 生えてこれない歯がある