幼稚園~小学校低学年の矯正治療

幼稚園~小学校低学年の矯正治療

矯正って「習い事」?
ウチの子にできる?
本当に「今」必要?

早くに始める「メリットがある子」と「そうでない子」、もちろん皆が同じな訳がありません!その子の性格や気持ちも大切です。100人いれば100通りの方法が有ります。

「(矯正を)やるやらないは置いといて、、、」将来の歯並びがどうなるのか知りたい。子を持つ親なら皆そう思います。ちゃんとお口を開けられる子とご両親が一緒なら、先々の予測も可能です。年齢が上がる程、予測は正確になりますので、一年毎に相談するのも良いと思います。症状によっては、簡易的な方法でお試しの矯正を行う方法もあります。本人が嫌がったら無理せずもう少し大きくなってから。

治療費の上限が明確で、差額分で治療可能なので「お試し矯正」や「定期検診」の費用は無駄になりません。

準備矯正治療

幼稚園~小学校低学年の矯正治療

子供の歯(乳歯)と大人の歯(永久歯)が混在している混合歯列期と呼ばれる時期です。この時期の治療は、今後生えてくる永久歯がなるべく良い状態で生える様にするための矯正治療が行われます。

例えば、顎が小さく永久歯が入りきらない様なら、顎を大きくする治療や奥歯を後ろに動かして全体が収まりやすい環境にする治療です。また、噛み合わせが深い場合や反対咬合(受け口)の場合はその改善のための治療を行います。

通常1年半~2年くらい治療を行い、その後は永久歯が生え揃うまで半年~1年毎に経過観察を行っていきます。

準備矯正を行うことにより、永久歯の治療がより良いものとなります。最近のお子さんの歯並びや顎の状態は、準備矯正だけですむケースは非常に稀です。

始める時期の目安:乳歯の一番後ろから6歳臼歯が生え、前歯が数本生え替わった頃