小学校高学年の矯正治療

小学校高学年の矯正治療

永久歯が生え揃う直前です。最後に生える第二大臼歯(7番目の歯)のせいで、歯並びや噛み合わせが変ってしまいます。予め判っていれば、手の打ちようがあります。

また、奥歯の噛み合わせは、この時期が重要です。乳歯が全て抜けて奥歯が生え揃う時に「待ってて良いのか?」「今頑張るのか?」見極めが大切です。

矯正は教育と同じです。将来が決まる分岐点は幾つかあります。きょうせいでの分岐点の一つが、奥歯が生え揃うこの時です。

本格矯正治療

人により時期は異なりますが、永久歯に生え揃う時期です。生え揃った永久歯をきれいに整え、しっかり噛め、きちんと発音出来る様にする矯正治療です。必要であれば、歯を数本抜歯して行います。

通常2年くらい治療を行い、その後きれいな状態をキープするためにリテーナー(保定装置)を2年間使用して頂きます。

始める時期の目安:第二大臼歯(前歯から数えて7番目の奥歯)が生え始めたら