小学校高学年(中学受験編)の矯正治療

小学校高学年(中学受験編)の矯正治療

中学受験の無い子と有る子、それだけで全くライフスタイルが違ってきます。6年生の1~2月に合わせて、遡ってスケジュールを立てます。

4~5年生までは、塾の時間も6年生程ではなく、家庭学習の比重が大きいため、シンプルなタイプの矯正装置で目的を絞って治療します。6年生になってからは、何かするとしても夏休み前までにして、本人のストレスが増える夏期講習には矯正治療はお休み期間に入ります。もし、受験で半年くらい何もしなくても、中学に慣れてからでも大丈夫なプランを立てます。

本格矯正治療

人により時期は異なりますが、永久歯に生え揃う時期です。生え揃った永久歯をきれいに整え、しっかり噛め、きちんと発音出来る様にする矯正治療です。必要であれば、歯を数本抜歯して行います。

通常2年くらい治療を行い、その後きれいな状態をキープするためにリテーナー(保定装置)を2年間使用して頂きます。

始める時期の目安:中学受験対策の塾へ行こうかなと考えたら、並行して矯正のスケジュールを立てましょう。