40~50代の矯正治療

40~50代の矯正治療

成人、特に40代以降に矯正治療を受けられる方が増えています。子供の頃に矯正治療を受けるチャンスが無く、人生の中間地点でもう一度自分を見つめ直す、多くの方が「今からでも。」と考えています。矯正治療をお考えになる上で、以下の3つの事を知って下さい。

1:矯正治療は年齢と関係なく行う事ができます。

しかしながら、成長期と同じとい訳にはいきません。なぜでしょう?

子供は体も柔軟で、歯の移動も非常に簡単です。一方成人では、既に長い年月の間に慣れ親しんできた環境が、変ってしまう事に順応しにくい方もいらっしゃるのが事実です。治療を受けられる方の、「性格」や「ライフスタイル」、「本当に必要な事」にお応えするため、何回も綿密なお打ち合わせを行います。

2:成人の矯正治療では成長期の方とは全く違う考え方で治療方針を考えます。

成人の患者さんの場合、より現実的でリスクが少ない目標や方法を選択する事を目標とします。こうざき歯列矯正クリニックの特徴の一つである、「4次元的に考える事」で従来ではできなかった治療予測を行います。

歯や歯グキの状態を三次元的に把握するCTやCAD/CAMシミュレーションを全ての成人の治療に使用します。
その上で、年齢的な体の治癒能力を配慮する事、同時に全国でもトップクラスの臨床実績から得られた経験も加味して治療に臨みます。この方法は、医科病院でも高度な治療に使用する技術と基本的に同じ考え方です。

3:毎日が「今」の連続です。

学生の内は、周りの友達にも矯正をしている人は沢山います。でも、今はどうでしょう?

「私だけが子供みたいに矯正装置を付ける?」そこがネックとなり矯正を躊躇してしまう事が無い様に、治療に使用する道具も多彩に取り揃えています。いろいろな方法を組み合わせる事ができるのも、私達「こうざき歯列矯正クリニック」の特徴です。

成人の患者様に人気がある、リンガル・アプライアンス(舌側矯正)やアライナー(透明なマウスピース矯正)も当院だけのオリジナルの手法で、様々なライフスタイルに対応しています。他の医療機関では治療を断られた方でも、納得して頂ける方法をご提案致します。特に複雑な治療程、私達の特徴が生かせると思います。

本格矯正治療

歯をきれいに整え、しっかり噛め、きちんと発音出来る様にする矯正治療です。虫歯の治療で詰めたり被せたりした歯がある場合などは、トータル的に考えて矯正治療を行います。

通常2年くらい治療を行い、その後きれいな状態をキープするためにリテーナー(保定装置)を2年間使用して頂きます。

始める時期の目安:健康診断の案内が届いたら、歯の健康も考え矯正歯科を受診してみましょう。