よくある質問

患者さんから、ご質問の多い項目を集めてみました

相談について

矯正治療について

治療中・通院について

予約について

痛みについて

治療費について

相談について

相談に行ったら、必ず治療を始めなければいけないの?

そんなことはありません。現状と治療方法をご説明致しますので、必要と感じご納得頂いたら次のステップの精密検査を受けて下さい。

当クリニックは相談料は頂いておりませんので、お気軽にご来院下さい。

矯正治療について

矯正治療を始める時期は?

矯正治療が最も効果的・効率的に行えるのは、永久歯が生え揃う直前の頃です。但し、受け口や永久歯がなかなか生えて来ない、良く噛めないなど気になるところがある場合は、早目の相談が必要です。また現在では技術の進歩により、成人でも気軽に矯正治療を受ける事が可能です。

虫歯や歯周病になる前の早い時期の方が、治療のバリエーションが広がります。

大人になってからでも矯正出来るの?

現在では技術の進歩により、歯や歯肉が健康であれば何歳になっても治療は可能です。ただし、歯や歯肉も年齢と共に年を取りますので、出来るだけ早い方が治療の選択肢は多いでしょう。気になる事があれば、早めに専門医を受診する事をお勧めします。

どうして歯は動くの?

矯正装置により、歯に弱い力が持続的に加わります。この力によって歯の根っこの周りの組織(骨や歯肉)が作り代わり、歯が移動します。

歯が移動した後は、少しずつ組織が出来てきます。組織がしっかり完成するまでしばらくかかるため、治療後1~2 年は保定装置(リテーナー)が必要になります。

どういう時に抜歯をするの?

顎の大きさと歯の大きさのバランスが悪い事で歯並びに影響が出ている場合には、顎を大きくするか抜歯をして歯の数を減らす事によりバランスを整えます。どちらの方法が有効かは、その方の歯並びや骨格、年齢により変わります。

八重歯の場合、八重歯を抜いて矯正をするのですか?

八重歯は犬歯が歯列に並びきらずに、前にとび出した状態の歯並びの事を指します。

犬歯は歯の中で一番根っこが長く、歯の中でも重要な役割をしている歯の一つです。通常は犬歯の一つ後ろの歯を抜歯して、その隙間を利用して八重歯を歯列の中に入れる事が一般的な治療法です。

受け口が気になります。

受け口の場合、早い段階での受診をお勧めします。骨格が起因する受け口の場合は、身長が止まる成長期終了後まで経過観察を行い、その後に治療開始する場合があります。

矯正治療はどのくらいの期間がかかりますか?

平均的に2年くらいです。

見えない矯正ってどんな治療?

歯の裏側に装置を付けて行う舌側矯正や、透明なマウスピース(アライナー)を使用して行う矯正治療です。
通常の矯正と共に当院で治療が可能です。
(※症状により適応出来ない場合があります。)

・ 裏側からの治療はこちら>>
・ 透明なタイプはこちら>>

矯正装置を途中で変更出来ますか?

治療上可能であれば装置を変更することができます。装置の種類によっては別途費用が必要となるものもありますのでご相談下さい。

結婚式や仕事の都合で一時的に装置を外したいのですが、料金がかかりますか?

患者さんの都合や希望、口腔衛生状態の自己管理が困難な場合の固定式装置除去には別途費用がかかりますのでご相談下さい。

治療方針はどの様に決まるのですか?

患者さんのご希望や生活スタイル、優先したい事を考慮した上で、当院の複数の矯正歯科医で検討会を行い、過半数を超えた治療法を患者さんにご提案しています。よって複数のクリニックで相談を受ける事と同じ効果があります。

担当医制ですか?

そうです。担当医のご希望や変更などがあれば、ご相談下さい。

MFT(筋機能療法)は行っていますか?

口の周りの筋肉に癖があり歯並びに影響が出ている場合は、原因から直すトレーニング「MFT」を行っています。MFT は矯正治療と併用する事で相乗効果を発揮します。

舌や唇、呼吸など正しい方法を身に付けることで、矯正治療もスムーズに進み、治療後に歯並びが安定しやすくなります。

※詳細は「MFT」へ>>

治療中・通院について

矯正治療中、虫歯や歯肉炎にならないの?

治療中のお口の中は、矯正装置により通常の場合と比較して汚れやすくなります。矯正装置による、虫歯や歯肉炎は患者さんのみならず、私達スタッフにとっても、とても悲しい事です。矯正治療中は、定期的な歯磨き指導・クリーニング・フッ素導入により、虫歯予防や歯肉炎予防に努めています。

〈定期的な歯磨き指導〉矯正装置の周り等、歯磨きに工夫が必要な部分の指導を行っております。また、矯正用歯ブラシや音波歯ブラシ「sonicare」を使用する事により、効果的に歯磨きが出来る様になります。

〈フッ素の導入〉フッ素は歯の表面を固くし、原因菌から排出される酸に解けにくい環境を作ります。
成長期の患者さんは、歯質が未成熟なため虫歯になりやすい性質を持っています。

当クリニックでは、ご家庭で行っていただくフッ素のぶくぶくうがいをお勧めしております。また、ご来院時には定期的なフッ素を行っております。

〈歯肉炎の予防〉特に複雑な矯正装置を装着している方や歯磨きを怠ってしまった方の場合、口の中の細菌により歯肉が腫れてしまう事があります。歯磨きだけで歯肉炎の改善が見られない場合は、クロルヘキシジン配合の「GUM・CHX 洗口液」が有効です。「CHX 洗口液」で一日数回うがいする事により効果が見られます。
また、並行して一般歯科での定期検診も推奨しています。

装置が付くと滑舌が悪くなりますか?

歯の内側や口の中のあごの内側に装置がつくと、慣れるまでの少しの期間話しずらくなりますが、
慣れてくるといつも通りしゃべれる様になります。装置が付いた直後は、声を出して新聞や本を読むと慣れやすくなります。

矯正治療中にスポーツや楽器は出来ますか?

出来ます。

格闘技等のスポーツ時のケガの防止や吹奏楽器による唇の痛みを和らげるために、マウスピースやリッププロテクター(有償)をご用意出来ますのでご相談下さい。

受験を考えています。治療をしばらく休む事は出来ますか?

お休みする事は可能です。事前にご相談下さい。

治療中だと勉強に集中出来ないのでは?と心配される方も多いと思いますが、一時的に装置の調節をしない等の対応ができます。状況に合わせて対応致します。

治療中に妊娠・出産は出来ますか?

問題ありません。

妊娠中は抜歯やレントゲン撮影は控える必要がありますが、問題なく治療の継続は可能です。
分かり次第、早めにご相談下さい。(当クリニックのスタッフが、矯正治療中に妊娠・出産しています。)

治療を途中でやめる事は出来ますか?

可能です。

矯正装置の除去等準備が必要ですので、事前にご相談下さい

通院について

1回の診療時間はどのくらいですか?

通常30~60分ですが、装置の装着時や外すときなど、通常より時間がかかる場時もあります。

通院間隔はどのくらいですか?

通常の通院間隔は4~8週に1回です。

通院に持ってくる物はありますか?

診察券・歯ブラシ・診断時にお渡しする専用ファイルの3点です。持ちお運び様に、当院オリジナルエコバックを差し上げていますので、ご利用下さい。

取りはずし式の装置をご使用の方はその装置、MFT を行っている方は専用ファイル、保険診療の方は保険証を別途ご持参下さい。

小さな子どもを連れて来ても大丈夫ですか?

キッズコーナーをご用意しています。赤ちゃんの場合は診察室にベビーチェアーをご用意出来ます。
長くかかる処置の場合は他のご家族のお付き添いが必要な事もあります。

子どもの通院には毎回保護者が付き添う必要はありますか?

相談、診断は必ず同席下さい。通常の処置の際はお一人で通院されても結構です。

保護者の方と一緒にご来院して頂く必要がある場合は事前にお知らせ致します。

部活を休めないため、通院が出来ません。

担任、顧問の先生宛に意見書(通院の為に早退等と2ヶ月先までの不活動予定の告知依頼)を発行する事が出来ますのでご相談下さい。

駐車場はありますか?

駅前地下駐車場や近隣のパーキングをご利用頂き、受付でお渡しするチケットでご精算下さい。

※詳細は「アクセスマップ」へ>>

予約について

予約を数回分まとめて取れますか?

原則1回分のみとなります。

混雑していて予約が取りにくいのですがどうしたら良いですか?

平日16時以降と土日は大変混雑しています。

お帰りの際に受付で次回の予約をお取り頂く事でご希望の日時の予約が取りやすくなります。ご来院の際は次回のご予約をお取り頂ける様、スケジュール帳等ご持参下さい。

メールでの予約は可能ですか?

大変申し訳ございませんが、メールでのご予約は承っておりません。
 お手数をおかけいたしますが、必ずお電話にてご予約をお願い致します。

痛みについて

矯正治療は痛いの?

装置による違和感や、歯を動かし始めた時や調整後に痛みが生じる事があります。通常、痛みや違和感は2~3日、長い方でも1週間程度で落ち着きます。痛みには個人差がありますが、学校や仕事を休む程ではないでしょう。痛みが強い時には、軟らかい食事を摂ったり、市販の鎮痛剤を飲んで頂ければ軽減されます。

休診日に装置のトラブルが起きたらどうすればいい?

近隣の歯科医院または横浜市歯科保険医療センターへご連絡の上、応急処置を行って頂きます。

【横浜市歯科保健医療センター】
横浜市中区相生町6-107
TEL:045-201-7737

治療費について

健康保険は使えますか?

当院では国の定める疾患に起因した矯正治療や、顎の外科手術を要する矯正治療は健康保険の適用となります。
一般の方の矯正治療は、適用となりません。

通院の度に費用がかかりますか?

当院の矯正治療費には、装置代・再診料が含まれています。
処置の度に診察料をお支払い頂く必要はありません。(健康保険適用の矯正治療を受けられている方は、通常の保険診療と同じ様に通院毎に費用が必要になります。)
別途料金が必要な場合は、予めご説明させて頂きます。

治療費の支払方法は?

相談料は頂いておりません。
検査診断料は受付で現金でお支払い頂きます。

矯正治療費には装置代、再診料が含まれておりますので、通院毎の費用は必要ありません。
矯正治療費は、お口座からの引き落としになります(手数料なし)。
治療期間内であれば分割払いが可能です(金利、手数料なし)。

※詳細は「治療費」へ>>

医療費控除の対象になるの?

当院で行う咬合を考慮した矯正治療は対象になります。 (前歯のみの部分的治療は、対象外の場合もあります。)

詳細は「医療費控除」へ>>

引っ越しや転勤で通えなくなったらどうするの?

港北ニュータウン内は転出・転入される方が非常に多い地域です。その様な方でも安心して治療を受けていただける様、治療費は進み具合に応じてご精算致します。また、転居先での治療継続の手続き(紹介状、初診時資料、治療経過)は無料で行っています。